モデルガーデン ボーダー & メドゥ植栽2015〜2016

私たちが佐川町斗賀野に移住する決意をしたのは2015年の春。その際の決め手は、私たちが植栽や庭づくりに試行錯誤できる場所があることでした。それは私たちの仕事である植栽設計を行う上でとくに必要でした。私たちが「実験的に」植栽の研究を行いたい植栽手法が大きく4つあります。1つは宿根草や低木を帯状に植栽するボーダー植栽(border planting)。2つ目は草原を取り込み、開放的で粗放的なメドゥ植栽(meadow planting)。3つ目は雑木林と林床の植物で構成するウッドランド植栽(woodland planting)。4つ目は畑や果樹園といった自給自足的な機能を持つ植栽・ガーデンで、これには家畜の存在も重要になってきます(allotment / cottage garden)。これら植栽手法について、植物の組み合わせ方法や作業方法、作業時期など、高知の気候風土に合った手法の確立に試行錯誤すべく、移住することにしたのでした。

欧米での植栽に関する研究やその情報は多くあるのですが、高知県のような環境での植栽に関する情報は少なく、どのような植物がどのように生育していくのか、その記録(情報)をこの場所で収集する必要があります。斗賀野エリアという環境は高知市などと比較してみるとやや特異な点もありますが、それでも年間の降水量が多く、冬場の最低気温が厳しく、夏場は高温多湿という高知的な気候です。

宿根草や低木を使ったボーダー植栽は、私たちがとりわけ好きな植栽スタイルです。四季の変化が面白く、魅力的であるものの、思った通りに生長しなかったり、その土地ならではの作業が必要になったりします。手始めにこのボーダー植栽と隣接するメドゥ植栽を作ることから動き出しました。

移住する前の2015年の夏から、数年間手付かずの畑だった原野を開墾し、やっと2016年の春に宿根草や樹木を植え付けました。

その経過を写真で振り返ってみます。

2015年2月の様子。イタドリやススキ、イヌビワ、その他多くの野草や低木が休眠している原野。

2015年8月の様子。もともと溜まっていた枯れ木や枯れ草を整理して焚き火に。旺盛に成長してくる草たちは頻繁に刈り払われた。多年生の草は掘り起こした。

過去に刈り払われたり伐採された草や樹木の堆積物。これらの処分もなかなか大変だった。アシナガバチなどの巣がないか、慎重さも必要。

2016年2月の様子。耕耘機で耕して整地し、植え付け前の苗の準備中。上段がボーダー植栽予定地、下段がメドゥ植栽予定地。

2016年2月。耕耘機で耕し、整地作業後。この年の冬は比較的暖かく、梅の開花が早かった。

このような植栽図(ボーダー植栽)を作って思案した。各植物の生長による株幅、季節ごとに変わる高さ(ボリューム)、開花時期、花や枝葉の色合い、病害虫、日当たり、風通し、土壌、灌水条件や人的な作業条件など、考慮する点は複雑で関連しあっている。そのため、その土地でその植物がどのように育つかの情報を得ることはとても重要。

2016年3月に植栽開始。レイアウトをとり、植栽図を参考にしつつ、現場の状態を考慮し、植物の生長後の姿をイメージしながらその場で配置を決定していく。植栽間隔などは特に重要。

2016年3月の植栽作業。中央はコウライシバの通路を予定。通路の両サイドに帯状の植栽となり、これをボーダー植栽と呼ぶ。

2016年3月。メドゥ植栽エリアにも植栽。樹木で空間の骨格を構成。20年後くらいを見据えて樹木を選んだ。地表はノシバ(野芝)をベースに宿根草などを組み合わせて植栽する(写真には野芝は写っていない)。

2016年4月の様子。宿根草や低木の植栽後に、表土にバーク堆肥を40〜50mm厚でかぶせるマルチング作業を行った。マルチングには乾燥防止、防寒、土壌の物理性の改良、土壌生物の活性化、保肥性の向上、視角効果など様々なメリットがある。反面、高知県のような夏場が高温多湿になる環境では白絹病の発生を促すことがあり、気をつける。

2016年6月の様子。乾燥した気候が続き、順調に生育している宿根草や低木類。通路にはコウライシバ(高麗芝)を貼ったが、灌水が足りず、乾燥等で芝の緑がまだらになっている。

2016年6月の様子。植栽初年度なので開花量は少ないが、枝葉の色合いやテクスチャーの違い、力強く生長する姿に嬉しくなる。中央は3歳の長男。

2016年6月のボーダー植栽。グラス類で植栽の流れとリズムを作った。グラス類は性質が強いものが多く、高知の気候に合っているものが多い。夏にかけての切り戻しのタイミングが難しい。

2016年7月の様子。イヌラ・マグニフィカ(Inula magnifica)が2.5mほどに生長している。

2016年7月。ルドベキア・マキシマ (Rudbeckia maxima) が初年度から開花。元肥がちょっと多かったためか、一年目としてはやや過繁茂気味。

8月の酷暑でほとんどの宿根草は休眠状態になり、一部に白絹病が出ました。9月5日頃から生長を始めたものの、7月までの生長量が多く、また切り戻しのタイミングを逃したため、草姿が乱れてしまいました。来期への課題です。秋生長と開花は11月いっぱい続き、12月になっても落葉しないものもあり、冬季の切り戻しのタイミングを悩ませました。
病害虫としては、春以降に毛虫類が見受けられたものの生物農薬のBT剤を3回散布し、しっかりと効果がありました。アブラムシも出ましたがこれらは天敵のテントウムシや寄生バチも集まってきて顕著な被害はなく、生態系に任せました。5月頃と10月頃にうどんこ病が広がり始めたので生物農薬のボトキラー水和剤、ひどい場合にカリグリーンを使用しました。白絹病は夏場に出現して、致命的な株が少なからず出てしまいました。薬剤を使用してもイタチごっこになるので、次の冬のマルチング実施の有無や施肥量を検討します。なお、私たちの病害虫防除の考え方の根幹はIPM (Integrated Pest Management) に基づいています。

植え付け初年度としては、予想よりもよい状態でした。4月から梅雨入り前は最高に気持ちのよい状態でした。5月の生命力溢れる植物の姿と陽気の心地よさは外仕事の至福です。
梅雨前の切り戻し、梅雨以降の管理、白絹病対策、夏季休眠時の切り戻し、冬季の切り戻しと施肥量が課題です。

COMO @南国市

高知県南国市廿枝にある「ライフスタイルショップ&ダイニング COMO」さんのガーデンと農園の設計・施工、メンテナンス(毎週)をさせていただいております。

ガーデン部分の施工は昨年の2015年4月ごろ。それから約1年が経過し、いい状態に育ってきました。

2016-06-10 12.02.05

アメリカノリノキ’アナベル’ (Hydrangea arborescens ‘Annabelle’) が見ごろです。1年でここまで生長するとは、予想してなかったです。もともとのシラカシ(Quercus myrsinifolia) やケヤキ(Zelkova serrata) の落ち葉が堆積していた黒土をできる限り残しておいた部分は生長が抜群に良い。山土をあらたに入れた部分はやはりもう2〜3年は育成期間として必要ですね。土の良し悪しはそのまま植物の生長に影響することを改めて実感します。

2016-06-10 12.01.44

三和土(たたき)の小道もだいぶ馴染んできました。この三和土は使用した土と石灰等の配合に試行錯誤したので、とても思い入れがあります。試行錯誤のなかで、先人の技の奥深さに触れることができて、身近な材料を使った古来の工法にとても興味をもつきっかけになりました。

2016-06-10 12.00.42

デッキもいいですね。デッキ部分は私の設計・施工担当ではなかったのですが、この雰囲気に馴染む植栽デザインをイメージしてきました。無垢の南洋材は落ち着いた色味で、重厚で硬くやや冷たい印象があります。その印象に負けずに、でも主張しすぎず、調和のある心地よい空間を目指しました。

2016-06-10 11.59.48

これからの季節は、木漏れ日のある緑空間が心地よいです。朝の7時くらいから9時くらいまで、夕方の15時から17時くらいがのんびり風を感じながら過ごすにはいいですね。残念ながら、高知の平野部の盛夏期は植物たちの小休憩期間で花の色味は少なくなりますが、秋にはシュウメイギク(Anemone hupehensis cv.) が綺麗に咲いてくれることでしょう。

COMOの厳選された食器などの生活用品や雑貨は見ていて楽しいです。ダイニングのランチは洗練されてとても美味しいです。タイミングによっては隣接する農園で収穫した新鮮な野菜やハーブを味わうこともできます。おすすめです。

渋柿に思うこと

柿の季節ですね。

最近、実家から‘太秋’という品種の柿が送られてきました。梨のようなシャリシャリ(もしくはパリパリ?)とした食感。すっきりした甘みでとてもおいしかったなー。今までの‘富有’や‘次郎’、‘平核無’とは全然違うおいしさなので、柿のあたらしい需要がうまれそう。

‘太秋’ にかじりつく息子。

‘太秋’ にかじりつく息子。このあとちゃんと皮をむいてあげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、畑には柿の木が数本植わっていて、たわわに実らせてくれるのですが、何と言っても渋い。おそらく「不完全渋柿」にカテゴリーされる品種でしょう。

先日、畑での作業が長引いて、昼になってしまったのですが、弁当を持ってきておらず、買いにいくのもなぁと思い、たまたま熟れた渋柿が一つ、鳥に食べられずに樹に実っていたのでそれを食べてみました。

うまい!

歯ごたえは無いけれども、ねっとりとした甘さで、これはこれでうまい。柿特有の香りもよし。

一つだけじゃ胃袋が物足りないと言うので、禁断の未熟な果実に手を伸ばし、かじってみました。甘みは期待していなかったけれど、渋は抜けていそうだと期待していたのに、やっぱり渋かった。その渋みで食欲も失せて、涙目に。ううっ、舌がシワシワする!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しぶ〜い柿。見た目はおいしそうなのになー。鳥も突つきにきやしない。

渋みに苦しみながら、柿の木を横目に作業を再開。すると、ある疑問が浮かんできました。

なぜ、渋柿は渋いのか?

えぇ、渋柿の渋みの仕組みというのはよく知られています。タンニンという渋み成分が水溶性であると渋みを感じます。渋柿の果実が熟したり、干し柿になったり、焼酎などで脱渋処理されることでタンニンが不溶化し、渋みが感じられなくなって甘く感じられるようになるのです。ここまでの話は、教科書に載っています。

では視点を変えて、柿の生存や繁殖の戦略として渋柿であることのメリットがあるのだろうか、と疑問に思ったのです。

柿にとって、果肉というのは種子をできるだけ遠くに移動させるための部分(道具)だと想定できます。例えば、人が果実をもいで、持ち歩いて、おなかが空いたのでどこかの道ばたでそれ(果肉)を食べる。タネ(種子)は食べられないのでそのあたりに「ぷっ」と飛ばしてしまいます。地面にたどり着いた種子は発芽し、その場所にあらたに柿の木が出現するわけです。つまり動物に果肉を食べてもらうことで種子の分布が広がるのです(動物の場合は種子も食べてしまうこともあるので糞として種子が散布されることもありますね)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

畑で実る数少ない ‘次郎’(甘柿)が食べ頃になっているのを目敏く見つけてもぎ取った息子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

‘次郎’をほおばる息子。このあと種子はどこかに捨てられていった。‘次郎’君の種子散布は成功し、知らぬ間にそれを助けた息子のおなかはご満悦。高知では甘柿といえば ‘富有’ でなく‘次郎’ のほうが多い。

渋柿も甘柿と同様に色づいて樹に実っているわけです。柿が橙色になれば、「お、食べごろじゃん」と人も鳥もイノシシもサルもカニも思うわけです。けれども、渋柿は色づいていても渋いので、動物は食べない。動物が食べてくれないと種子が散布できないではないですか!・・・渋柿は種子を散布したくないのでしょうか?

甘柿に話を移します。甘柿に分類される品種たちは、寒い地方ではあまり栽培しません。樹に葉がついている期間に一定温度以上にならないと、甘柿は甘くならない(タンニンが不溶化しない)のです。つまり、寒い地方では落葉する時期が早い=葉のついている期間が短いために甘柿が本来の甘柿にならないことが多いといいます。甘柿の品種の多くは寒さにもあまり強くないと聞いたことがあります。その点、渋柿はどこに行っても渋いまま。寒い地方に渋柿の品種が多く栽培され、干し柿などが名産になっているところが多いのは、この辺りの理由からでしょう。

渋柿は寒い地方に多い。そして、渋柿は寒くなってから甘くなる。と考えてみると、渋柿は寒くなってから種子を散布したいのではないか。

なぜか。

甘柿を食べて取り出した種子をすぐに播くと、ある程度の温度があればたいてい一ヶ月もしないうちに発芽します。発芽したばかりのカヨワイ芽生えは寒さの厳しい地域では冬が越せないとしたら・・・種子のまま冬を越した方が生存率が高いのではないでしょうか?

渋柿が寒くなってから甘くなることで、寒くなってから種子が散布されるわけです。散布された種子は、気温が低いので発芽できない(これを「外生休眠」といいますね)。春に気温が上がるまで種子のまま越冬。気温が上がって適度な湿度を得られたら発芽し、生長していく。冬を越すことのできる大きさに秋までに生長するとしたら・・・色づいても渋が抜けない渋柿の戦略は寒い地方で効率的に繁殖するための仕組みなのではないだろうか、と思ったのです。

長々と考察してみましたが、生物の形態や生理には無駄なことは無いと信じています。渋柿が色づいても渋が抜けないということにも意味があると信じているのです。

渋柿の生存戦略、研究している人いないかなぁ。

*

ヤマモモ

ヤマモモ ‘広東’ の果実

ヤマモモ ‘西村’ の果実

うひー!

ヤマモモです。ちゃんと熟れたのをとらないと酸っぱいですよ。

おいしい時期になりました。雨に降られないうちに収穫しないと。

痛みやすいが故に流通しにくい果実ですね。

果実酒やジャムに加工してもおいしいらしい。

品種によって、風味が異なるので面白いですね。

お仕事させていただいている、現場名Aでは1本のヤマモモの大木に複数の品種が接木されています。その品種は・・・‘西村’、‘中山’、‘広東’ など。人名と地名が多い。

個人的には ‘西村’ が好きです。‘広東’も果実が大きくいいですね。‘中山’は果実が小ぶりなのが特徴ですが、あまり味がのってこないのが残念。加工やお菓子の添えに向くのかもしれません。

これからグングン暑くなりそう。ご自愛ください。

ハーブティー

コーヒーにミルクを入れたカフェオレを愛飲するが、あまり飲み過ぎると飽きてくる。すると、紅茶に切り替わるのだが、これにもミルクを入れて飲むから、やはり飽きてくる。そこで、ハーブティーを飲む。

マグカップに入れたミントの芽。

お湯を注いでできあがり。いい香りが・・・。

庭に出てハーブをつまんでマグカップに放り込み、お湯を注ぐ。簡単だ。庭にはクールミント、オーデコロンミント、オレンジミント、キャンディミント、チョコレートミントなどのミント類と、レモンバーム、タイム、オレガノ、バジル類、ゼラニウム、レモングラス、ローズマリー、シソなどハーブと呼ばれるものは結構ある。その中でお気に入りは、レモンバームとオレンジミント、キャンディミントは2芽ずつ、クールミント、ステビアは1芽ずつつまみ、一緒にカップに放り込んでフレッシュハーブティーにする。クールミントは入れすぎると、ミントガムやフリスクみたいになってしまうので、少しだけ、ステビアも入れすぎると甘くなって苦みも出てくるのでこれも少し。

ハーブティーなんて、妻に会わなければ縁遠かったものの一つだと思う。こんな強烈な匂いのするもの、飲めたもんじゃないと思っていた。しかし、イギリスで妻が飲んでいたのが、モロッカンミントのお茶だった。これをおいしそうに飲んでいる彼女の姿を見て、自分でも飲んでみたくなった。こっそり彼女の畑からモロッカンミントの芽を摘み取って持ち帰り、お湯を入れて飲んでみた。「あぁ、やっぱり。」これは強烈だなぁ、と思いながらすすり続けていると、不思議なことにやみつきになってくるではないか。シトラスとミントの香りの中にほんのり甘みと苦みが感じられた。それ以降、ちょくちょく彼女の畑に行ってはこっそりモロッカンミントの芽とレモンバームの芽を摘み取り、ハーブティーにして飲んでいた。 レモンバームはミント類よりも飲みやすく、レモンに似た香りは元気をくれる。

モロッカンミントと呼んでいたけれど、有名なモロッコのミントティーに使うミントらしい。日本ではそんな名前のミントに出合ったことがない。もしかしたらオレンジミントとか別の名前で出ているのかもしれない。でも、ミントを同定するって形態的に特徴的なものじゃない限り難しいだろうな。ミントはとにかくいろんなミントがあるから、色々と集めてお茶にしてみたら楽しそうだ。

ミントに限らずハーブは庭に植えておいたら楽しい。草むしりしながらおしりがハーブにぶつかるとふわっと香が漂って、感覚が刺激される。スイートバジルなんかが香ってくると、ピザやパスタが脳裏に浮かんで作業に集中できなくなることもあるから、気をつけないと。

 

バケツ稲、順調。

バケツに入ったムラサキイネ。高さは1.2mくらいある。

我が家のバケツには稲が植わっている。今年の春に植えたもので、ムラサキイネといういわゆる古代米の一種である。湿地やボグガーデン(bog garden)でカラーリーフとして、また「古代米ですよ」という教育的なネタとして魅力的な植物素材だと思う。

春にブリキのバケツが余っていたので、エイッと勢いで植えてしまったもの。数株を密に植えたので競合して小ぶりになるかと思ったが、化成肥料が効き過ぎているようだ。今年の夏はほぼ毎日夕立のような雨が降ったので、機嫌良く立派(すぎるくらい)に生長している。それでも倒伏せずにシャキッとした立ち姿はたくましい。

8月末から出穂が始まり、先日開花していた。 イネの花粉は風で運ばれるため、そのような花を風媒花(ふうばいか)と呼ぶ。ちなみに、虫によって花粉が運ばれる花は、虫媒花(ちゅうばいか)である。

ムラサキイネの花。

そして、イネの花のもう一つの特徴が自殖性(じしょくせい)。これは、自分の花粉で受精し、種子をつけることができる性質のこと。この性質があるため、‘コシヒカリ’や‘ミルキークイーン’といったイネの品種が種を播いても同じ遺伝形質を維持しているのである。

開花した花が実らせてくれるのが楽しみである。