園芸教室

(株)フタガミさんからのオファーで、園芸教室をさせていただきました。
高新文化教室の一つで「フタガミ女子会」という一連の講座の一つだそうです。

女子会・・・私が講師でよいのか・・・?

DSCN3365

内容はハーブを使った寄せ植えとハイドロカルチャーの全2回。

終了後に受講してくださった方のアンケートを頂戴いたしました。

ご好評いただけたようで、ホッとしました。

作業後に妻の手作りケーキでティーブレークを挟んだのもよかったみたい。

お客さんの興味が強く人気の高いハーブ。質問も多岐にわたりました。ほとんどのハーブって強健なので、栽培するのも気楽。料理やフレッシュティーで利用しても楽しいですね。

ハイドロカルチャーも、新しい栽培方法を知るきっかけになってくれたようです。植物と水、酸素の関係を学ぶにはよい材料だと思います。何より屋内で植物を楽しめることが一番の魅力ですね。

 

次は5月にもあります。

カラーリーフの寄せ植えと多肉植物の寄せ植えです。

 

園芸教室” への3件のコメント

  1. 新聞のフリーペーパーの記事を見て訪問しました。ウィズリーガーデン、とても懐かしいです。私はsurrey州Wokingに97-98年にかけて住んでいてステイ先のlandladyがウィズリーが好きでよく連れていってもらいました。私もそれを楽しみにしていました。高知に住んで5年目ですが、高知にもイギリスに縁のあるガーデナーがいらっしゃったのですね。一戸建てを購入する予定はありませんが、園芸教室あればぜひ参加したいです。この夏訪英予定なので、ナショナルトラストのガーデンでお茶するのを楽しみにしている次第です。

    • コメントありがとうございました。Wokingに住まわれていらっしゃったのですか。地名になじみ深く、私もたびたび Wokingを訪れていたことを思い出しました。列車の乗り換えでも利用しました。私がよく利用していた駅はWest Byfleet でした。車が無いので、自転車でWisley からWest Byfleet まで、運河沿いの森の小道を走り抜けていました。あぁ、懐かしい。そしてまた行きたい。あの運河沿いの public footpathであったりcommon wood であったり、ガーデン以外の公共の自然があふれて心地よかったですね。もちろん、ガーデンもすばらしく心地の良い空間でした。Windsor Great Park のThe Savill Garden もよく行きましたね〜。ナショナルトラストもいっぱい連れて行ってもらいました。懐かしいなぁ、ほんと。
      募集型の園芸教室の開催予定が出てきましたら、このホームページ上にアップしますのでよろしくお願いいたします。
      夏の訪英、お気をつけて楽しんでくださいね〜!

  2. すぐのコメント失礼します。あまりにも懐かしい地名が出てきたので。。。訪英最初の1ヶ月は語学学校に通ったのでそこからの紹介で初めて暮らしたのがWest Byfleet近くのお宅だったのです。駅も小さくマイナーな場所なんで知ってる人がいるなんて(笑)駅そばに小さいWaitroseがありましたよね。緑に囲まれた道を車で走ると(助手席ですが)本当に気持ちよかったです。あーほんとにほんとに懐かしい。今度の訪英は家族の出張に便乗してなので時間的に余裕がなくSureey方面には行けず、Londonとメインの訪問先Durhamにしかいけないのが残念ですが、イギリスの町を散策したいと思ってます。
    マンションの小さいベランダでハーブを育てたりしてるくらいですが、園芸教室参加したいので開催楽しみにしております。

サリー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です