光陰矢の如し

おっと!気づけばブログの更新が停滞していました!

見てくださっている方がいらっしゃるのを知りながら、ごめんなさい。

アップロードしておらずに下書き状態の記事がたまっているので、それらを整理して随時アップしてみます。去年の8月、もっと言えばちょうど1年前からの活動報告ですね。

近況報告も交えながら、これから随時更新していきまーす。

IMGP1932

近況と言えば、5月の末からクワガタをちらほら見つけます。

クリの木の隙間とか、食害の穴とかに潜んでいます。

子供の頃は、晩ご飯を食べた後に裏山の街灯の下に行ってクワガタやらカブトムシを捕りにいったなー。

高知に来てからは、家の網戸にくっついてくることがあるのだから、すごい。

生物が豊富ですね。でも、その価値に気づいている方が少ないのが残念。

自然が豊かなのは、何物にも代えられない価値あることですよね。

高知で子育てできることの大きな魅力として、この豊かな自然から様々な経験ができることにあると思います。

私が植物を育成している畑の横に流れている川は、去年よりもきれいになってきているように思います。臭いもなくなり、生物相は豊かです。拳大のオタマジャクシ(たぶんウシガエルの)がいたり、モクズガニやテナガエビ、魚のゴリ(ハゼ科の一種?)も棲息して川の生き物を観察するのも楽しいです。なにより、ホタルの餌になるカワニナが多くなりました。そのために、今年からホタルが多く目につくようになりました。地元の人の話では、昨年くらいから上流部で下水を導入する工事が進んでいるとのこと。それで水質が改善しているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

子供が物心ついたときにも蛍を両手で捕まえられるような自然が残っていますように。。。

小川の流れ

昨年に作った水辺の植栽を紹介します。

Y邸はとても素敵な日本家屋で、土間に用水路が流れ込んでいます。この用水路の隣には昔の池の名残があり、今回は建設会社のほうで実施した耐震工事の一環でコンクリートの擁壁を作り直しました。この無機質な構造を利用して、小さな小川を作り、岸に湿地性の植物を植えました。

DSCN3799

コンクリートの直線的な構造の中に、石を突いて土留めとし、小川をつくりました。用水路の勾配を考慮し、配管を設置。用水路側にも石を据えて水位を少しあげることで、小川の流れが自然に作り出せました。ポンプなどはいっさい使わず、用水路の恩恵を存分に利用しました。小川の底には丸石を敷いています。石材はすべてY邸の敷地内にあったものを見つけてきて設置しました。

DSCN4502DSCN4506

ここはもともともっと大きな池があった場所だそうです。用水路の構造をコンクリートで設置する前に池の泥を引き上げおいてもらったので、その泥を湿地の植栽に利用しました。用水路の水が流れ込んだところに蓄積した泥だったので、大変養分に富んでいるようです。

秋にはハナショウブをはじめ、多くの植物が大きくなっていました。今年も素敵なネコヤナギやハナショウブの花が咲いてくれたのではないでしょうか。

DSCN4549

Macを新しく・・・。

昨年の6月に、やーっと新しいiMacに切り替えました。

そのだいぶ前から欲しかったのですが、やっと購入できました。

ずっと使い続けてきたMacBookは OS X 10.4.11 で2007年から使い続けてきました。ウィズレーにも連れて行って課題の提出にがんばってくれました。携帯性もよく、一緒に日本とイギリスを何度往復したことか。

独立してからは、プランニングシートや見積書、請求書、出勤簿、DMや名刺などの作成、青色申告までこなしてくれました。が、そろそろ隠居でしょうか。。。バッテリーはとっくに使えず、ブラウザソフトも挙動が怪しくなってました。それでも東京出張の際には未だに連れて行きます。

大きな画面になって作業効率も高まりました!仕事もバリバリ、さくさく進めて行きます!

ご依頼が集中しております。

おかげさまで多くのお客様からご依頼いただいており、誠にありがとうございます。

ただいま夏のガーデンメンテナンスのご依頼が集中しており、日々作業をこなしております。

また秋以降に向けたデザイン・プランニングについてもご依頼が重なってきております(8月2日現在)。ご依頼いただいてからしばらくお待たせしてしまう状態にあり、大変申し訳ありません。

暫時取りかかっておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

Horti-planner
代表 山田哲也

K+

そうそう、高知新聞社のフリーペーパー「K+」の2013年6月27日号に、Horti-plannerを載せていただきました。

K+記事 (←pdf 開きます。)

このK+のライターさんも写真家さんもデザイナーさんもすばらしい方たちに取り上げていただけました。感無量です。

プレオープンした84 garden garden でのインタビューでした。皆さんに知っていただけるきっかけになり嬉しいです。

 

ここ2,3日で風が変わりました。
といっても高知の平野部での話ですが。
一気に湿度が高いジットリした空気になりました。
そして、風がゆるやかに、時に無風で、ジットリしています。
植物にとっても嫌な時期だなぁ。

そんなジットリ空気になってから慌てて出てきたのは、蚊。
山間の現場に行くと、今までいなかったでっかいヤブ蚊がわんさか出てきました。

わが家にも蚊が数匹侵入して、睡眠中に耳障りな音を立てていました。
あまりにもひどいので、早朝に目が覚め、格闘開始。
15分の死闘の結果、おなかが大きく赤くなった4匹の蚊を仕留めました。
が、叩いた壁が赤く染まって、それを拭いてたりして・・・寝そびれてます。

長男もこの世で初めて蚊に刺されていました。しかも8ヶ所も。
初めてにしては、けっこう激しい仕打ちかもしれません。
顔がぼこぼこなっちゃったし。
でも、免疫がついたことでしょう。それはそれでいいと思います。

それでもかわいそうだったので、電池式のベープを買ってきました。
これで家族の睡眠も安泰か・・・?

祝!長男誕生!!

2013年5月2日の昼下がり、ふにゃふにゃの顔をした長男が産まれました!
母子ともに健康です。
妻の陣痛から寄り添い、立ち合いました(産まれる瞬間だけは立ち合えなかったのですが・・・)。
大きなおなかからもう一つの命が出てくるなんて、改めて人間も生物なのだなぁと感動しました。
それよりも、13時間の苦痛に耐えた妻の頑張りにも感動。最後の方はうんざりして早く出したかったようですが・・・。お疲れ様。

DSCN3641

ピンクの服を着てますが・・・男の子です。よろしくおねがいしまーす。

お祝いのお言葉をくださったみなさま、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

園芸教室

(株)フタガミさんからのオファーで、園芸教室をさせていただきました。
高新文化教室の一つで「フタガミ女子会」という一連の講座の一つだそうです。

女子会・・・私が講師でよいのか・・・?

DSCN3365

内容はハーブを使った寄せ植えとハイドロカルチャーの全2回。

終了後に受講してくださった方のアンケートを頂戴いたしました。

ご好評いただけたようで、ホッとしました。

作業後に妻の手作りケーキでティーブレークを挟んだのもよかったみたい。

お客さんの興味が強く人気の高いハーブ。質問も多岐にわたりました。ほとんどのハーブって強健なので、栽培するのも気楽。料理やフレッシュティーで利用しても楽しいですね。

ハイドロカルチャーも、新しい栽培方法を知るきっかけになってくれたようです。植物と水、酸素の関係を学ぶにはよい材料だと思います。何より屋内で植物を楽しめることが一番の魅力ですね。

 

次は5月にもあります。

カラーリーフの寄せ植えと多肉植物の寄せ植えです。